京都産業大学同窓会石川県支部規約
第1章 総則
第1 京都産業大学同窓会石川県支部規約

第1章 総則
第1条(名称)
 本会は京都産業大学同窓会石川県支部(以下支部という)」と称する。

第2条(目的)
 支部は支部会員相互の親睦を図り、京都産業大学の充実・発展に寄与することを目的とする。

第3条(事業)
 支部は、その目的を達成するため、次の事業を行なう。
 (1) 大学当局、同窓会本部、他支部および支部会員との連絡
 (2) ホームページ・SNS等による広報媒体の維持管理
 (3) その他、支部の目的を達成するために必要な事業

第4条(設置)
 支部は支部長の住所地に置くものとする。

第2章 会員
第5条(会員)
 支部の会員は石川県に所縁ある京都産業大学の卒業生とする。

第6条(会費納入)
 会員は支部年会費を納入しなければならない。会費は年間2,000円とし、納入方法は役員会で定める。

第7条(返納)
 既に納めた会費は、いかなる理由があっても返却しない。

第8条(除名)
 会員で規約または役員会、総会の決議に違反した者および支部の名誉を著しく傷つける行為のあった者は、役員会の決議により除名することができる。

第3章 役員
第9条(役員数)
 支部の役員は同窓会会員で構成されるものとし、次の役員を置く。
 (1) 顧問     若干名
 (2) 支部長     1名
 (3) 副支部長 若干名
 (4) 事務局長   1名
 (5) 会計      1名
 (6) 運営委員 若干名
 (7) 監査      1名

第10条(役員指名)
 支部長は総会において会員の中から承諾を得ることとし、その他の役員は支部長が役員の中から指名するものとする。

第11条(任務)
  支部長は支部を代表し、各種の会務を総括する。また支部長は総会の議長となる。
2.副支部長は支部長を補佐し、支部長がその職務を遂行できなくなった場合には副支部長がその職務を代行する。
3.事務局長は各種の会務を総括する。
4.会計は経理を総括する。
5.監査は会計を監査する。

第12条(役員会)
 役員は役員会を組織し、会務を遂行する。

第13条(任期)
 支部長の任期は任期満了の年の4月1日から3年間とする。ただし、再任は妨げない。

第4章 総会
第14条(通常総会)
 通常総会は毎年会計年度終了後、次年度内に開催するものとする。

第15条(臨時総会)
 臨時総会は必要に応じて開催することができる。

第16条(招集)
 総会は支部長がこれを招集する。

第17条(通知)
 通常総会の招集は、少なくとも期日より2週間前迄に、同窓会本部会報・ホームページ・SNS等により日時、場所を示さなければならない。

第18条(報告事項)
 次の事項は通常総会に報告するとともに、その内容を会報に掲載しなければならない。
 (1) 前年度決算報告書および前年度事業報告書
 (2) 次年度会計計画案および次年度事業計画案
 (3) その他役員会で必要と認めた事項

第19条(議決)
 総会の決議事項は出席した会員の過半数で決するものとし、可否同数の時には議長の決するところによる。

第20条(議事録)
 総会の議事録は支部事務局が作成し、支部長の指名した役員2名が署名押印のうえ事務局が保管するものとする。

第5章 会計
第21条(会計年度)
 支部の会計年度は毎年4月1日に開始し、翌年3月31日に終了する。

第22条(収入)
 支部の経費は本部補助金、援助金、年会費、寄付金およびその他の収入によって賄う。

第23条(資産管理)
 支部長は支部の資産管理者となる。

第24条(監査)
 支部長は通常総会の日より2週間前迄に第18条に掲げる書類を監査に提出しなければならない。

第25条(過剰金)
 決算において剰余金が生じた時には、これを繰り越すことができる。

第6章 補則
第26条(規則改廃)
 この規約の改廃は、総会における出席者数の2分の1以上の同意を得て行うことができる。

附 則 この規約は、昭和59年2月18日から施行する。
附 則 この規約は、平成15年1月26日から適用する。
附 則 この規約は、平成23年12月3日から適用する。
附 則 この規約は、平成25年12月7日から適用する。
附 則 この規約は、平成30年12月8日から適用する。

                       INDEXに戻る