活 動 状 況
同窓会の活動を日記と写真でご案内いたします

INDEXに戻る

平成14年総会

平成14年11月17日(日)
 またまた、母校に行ってきました。
京都は紅葉のまっさかり!どうですか、この楓の赤色。そしてイチョウの黄色。観光地なんか出掛けなくても、キャンパス内で京都の秋を大満喫です。
(← バスターミナルからの急坂を登りきった正面)
 同窓会本部の14年度総会が開催されました。併せて役員改選もあり、我が石川県支部からも2名が役員に選出されました。S51外語卒 吉野孝幸さんが理事に、S51経済卒の喜楽義信さんが評議員として3年間の任期を務められます。ご支援の程よろしくお願いいたします。
(総会の様子 →)

左・喜楽義信(新石川県支部長)
中央・坂井東洋男(京都産業大学学長)
右・吉野孝幸(前石川県支部長)

新学長のプロフィール
坂井 東洋男
(さかい とよお)
1943(昭和18)年生まれ
【趣味・ラグビー観戦】

この10年間,本学のラグビー公式戦で,現場で観なかったのは3試合くらい。試合が土日ということもありますが,どんなに忙しい時でも,「万障繰り合わせ」て観てきました。ほとんど追っかけ状態です。試合観戦中は,すべてを忘れる。最高の気分転換ですね。夢はもちろん大学日本一。入場6万人の国立競技場で学歌を歌いたい。 
【音楽・井上陽水】
 LP時代から全曲もっています。もちろんアンドレ・カンドレという漫才師みたいな歌手名で歌っていた頃からのものもあります。コンサートには近県どこへでも出かけるので,20回以上。歌詞も曲もみな好きです。但し,カラオケでは陽水の曲は歌わない。冒涜ですからね。
 この機会に追分寮出身の二人が新追分寮(「新」と言っても、もう築20年だけどね)を訪問してきました。世代は変わりながらも、語り継がれる寮精神、一泊研修旅行、大浴場、大宴会、寮祭など懐かしい想い出を回想してきました。

平成14(2002)年11月2日(土)
 いってきましたー、神山祭バスツアー! どうですか、この盛り上がり
あいにく肌寒い一日となりましたが、久しぶりに京都を訪ねる期待感と各種ゲームの盛り上がりで、熱気ムンムンの車内となりました。朝6時と早い出発だったのですが、あまりの騒々しさに居眠りもできないままに京都到着となりました。本年度総会も無事に終了、ご協力ありがとうございました。
 天候も次第に回復し、錦秋を間近に控えた上賀茂は、神山祭初日を楽しむ学生達の歓喜の坩堝でした。盛りだくさんの企画のなか、溢れんばかりの元気さに刺激され、あちらもこちらもと欲張って歩いてきました。


参加者52名、富士交通バス1台貸し切りです。次回からは、ぜひ、トイレ付バスにしましょうね。


おなじみ京産大ビンゴや各種ゲーム大会に豪華賞品が飛び交う。司会はいつも大声で元気な松本さんでした。


同窓会旗を掲げての記念撮影準備をする喜楽会長。産大の裏山(?)にて。


テーマは「本気」。後輩達はステージや模擬店の売り込みに本気で絶叫していました。


伝説の急坂にエスカレーターが設置されました。エントランスは変わりましたが、坂を上がりきると見慣れた風景が現れます。


幹事役の辻さんにはホントお世話になりました。

帰り道は、京都市内を抜けるのに2時間半という驚異の渋滞に巻き込まれました。
これも、まあ一興ということで、3年ぶりのバスツアー楽しく終わりました。
衝撃のレポート番外編!!
 実はバスツアー当日、小松ICからの乗客が1名足りませんでした。てっきり急用ができたか、寝坊したのだと思っていたのですが、この度、以下のような衝撃告白メールが届きましたので、紹介いたします。事務局の案内ミスで大変なご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。なんと、彼は彼なりに神山祭を楽しまれたとのことです。 
 佐藤 徹也(さとうてつや)と申します.昭和 60 年理学部・計算機科学科卒です.初老という言葉がありますが,その言葉通り,髪の毛はかなり白くなっている輩です.
 この度は,皆様方に大変ご迷惑をおかけし,訳ありませんでした.当日は,6:10 に小松インターに参りまして、高速バスの待合室にてバスを待っておりました。バスは何台か見かけたのですが,すべて小松インターで降りてしまっていたので,おかしいなあ,とは思っていたのですが.高速バスのようにして,ピックアップされるものと思い込んでしまっていたのが,大きな間違いだったようです.
どうやら,6:30 過ぎに一度小松インターから出て,再度入っていった青色のバスだったのではと見送りながら,気づいた次第です.まさか,インターから出てしまうとは思いませんでした.当日は,小松インターから富士山に行くツアーバスなども駐車場に待機していたりと,朝方はややこしい状況でもありましたが,雨もいっそう憂鬱にさせてしまっておったようです.                                               
 言い訳がましくて,すみません.私も後輩やら先生方と会う予定になっていたものでして,その後,7:00 過ぎに一旦自宅に戻り,再度,気を取り直して 9:34の雷鳥で京都に向かいました.そして,12:00 過ぎには母校に着くことができまして,久しぶりの神山祭を楽しんできております.後輩が今年から母校の講師になっていることもあり,彼と一緒に模擬店を中心にブラブラしておりました.11/2 は,母校の名誉教授の懇親会も開催されていたようでして,後輩の話によると我が恩師も体調が整えば参加する予定だというで,いさんで会場に行ってはみましたが,残念ながら欠席ということでありました。
 神山祭実行委員会のアンケートに答えたり,今の学生達と話をしたりして良い気分転換になりました. 特に 17:00 からピィロティでは,全学応援団の演舞をやってくれまして,久しぶりに見て参りました.mini-DV にも納めてきたのですが,なかなか切れのある演舞です.特に応援歌のチーフが素晴らしい.今年は,理学館と外語学館がつながるための工事ということでピロティは,せまく,また模擬店も少な目だったということですが,学生は楽しくやっているようですね.ただ一つだけ気がかりだったのは,模擬店などから排出されるゴミなのですが,学生が責任を持って分別,回収等をしているものかと思っていましたら,学内で清掃をされているいつもの方々がすべてやっておりました.これには,ちょっと違和感を持ってしまいましたが...また,京都駅から帰るときですが,立命館大学が同じように,交流会ということで,構内のステージにて応援団が演舞をきっているところに偶然でくわしました,どちらも若者らしく気持ちが良いものでした.では来年こそは.お会いできますよう.今後ともよろしくお願い致します.佐藤 徹也  
平成14(2002)年7月27日(土)
 暑っつーぅ、たすけてくれー。
昨夜は役員会でした。暑気払いも兼ねていたためか、妙に盛り上がってしまい、
わけの分からんスポーツ部がたくさん結成されました。詳しくは、「役員紹介」のところで見てください。
平成14(2002)年4月21日(日)
  新年度の初会合&懇親会を開催しました。
喜楽新支部長のもと、今年度の事業企画について意見を出し合いました。
 本年秋は京都の本学へ
バスツアーを開催します。懐かしいながらも大きく成長した母校をみんなで見に行きましょう。 料金も超格安で、人気のイベントとなっております。どうぞお楽しみに!!

    

平成14(2002)年1月1日 元旦
  金沢城耐寒継走大会に出場しました。
 上位入賞はなりませんでしたが、みごと完走です。
   ▲潟jシナガスポーツさんより
「鉢巻き」を寄贈いただきました。ありがとうございました。


平成13(2001)年11月17日(土)
 本年度のメインイベント「総会」が開催されました。今年の会場は、「ホテル日航金沢」です。なかでも、一番大きくて豪華な「鶴の間」というホールは、天井が高く、
シャンデリアが輝き、じゅうたんはフカフカで気分もゴージャスでした。
 経営コンサルタント「旗 正治」氏による記念講演では、元気のない経済に喝を入れよう!同窓会は、「心」の結びつきによる素晴らしい組織だから、誇りを持って頑張ろうを趣旨にエネルギッシュな理論を展開していただきました。
 懇親会は、毎度おなじみの光景で、初めての参加者も常連も一緒になって、ワイワイガヤガヤ盛り上がりました。YES・NOクイズは、面白かったですね。「山科会長の子供は3人である。YESかNOか?」・・・・そんなこと知るわけないじゃん (-_-;)
 そんなこんなで楽しい夜でした。来年もよろしくね!


  旗 正治氏講演  ○×クイズ
  賞品は米一俵   ♪天地の開けし時ゆ・・・
平成13(2001)10月21日(日)
 秋晴れの爽やかな日曜日! 紅葉狩りなど楽しまれたでしょうか。
「同窓会だより」作成スタッフは、刷り上がったばかりの平成13年版の封書詰め作業に追われました。今回からは
念願のフルカラーです。その出来映えに満悦しながら、みなさんへの配送手続きを終えました。月曜か火曜日の到着です。どうかお楽しみにね。
平成13年6月29日(土)         
 今年度初めての役員会が召集されました。新事務局員候補生も迎えて、奇抜なイベントを模索しました。
 何が待っているかは、総会でのお楽しみです。
会議の後は、ビール
飲み放題3500円の懇親会をしました。割り勘負けしないように、みんなガンガン飲んできました。 暑くなってきましたね。元気な夏をお過ごしください。

 

INDEXに戻る
  平成13年度の写真はこちらにあります